ホワイトニング知識

ホワイトニングって何?ホワイトニング効果とは?!

歯の表面に、特に汚れが付着しているわけではなのに何となく歯が黄色い方、毎日の歯磨きでは白くならない加齢や遺伝等による歯の黄色ばみなどにお悩み方は、多いのではないでしょうか?

私も仕事柄どうしても人と話す機会が多いので、笑った時の歯の黄ばみが悩みでした。

そもそもホワイトニングってどんな感じなのか?

そんなお悩みの方には、ホワイトニングについてまとめてみました!

 

 

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、言葉通り白くすることで、審美歯科の一分野として1989年アメリカで開発されました。

審美歯科とは

一般的に審美歯科とは、歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科治療のことを指します。歯科治療には「虫歯や歯周病を治す」「よく噛めるようにする」といった機能的な側面と、「白く形のいい歯にする」「歯並びを整える」といった美観の側面があります。この両方を満たす、美しさという観点をプラスした歯科治療が審美歯科治療です。

歯の表面の付着色素を落とし、さらに歯の中にある色素をも分解して歯自体を白くする技術と言われています。
歯のクリーニングでは落とせない歯の着色を歯を削ることなく、専用のお薬で白くする方法がホワイトニングです。
もちろん、皆さんがお望みのご自身の持つ天然の歯を白くするわけですから、透明感のある自然色調のある本来の歯そのものに仕上がることから満足度も無限大で、笑顔の印象も格段アップ間違いなしです。

 

 

ホワイトニングでどんな効果を期待出来る?

歯のエナメル質の主成分は、リン酸カルシウム結晶のハイドロキシアパタイトから出来ていますが、一部に有機成分が含まれていますがその有機成分が着色に関係していています。
ホワイトニングでは、この着色した有機成分を分解し無色化することで色調を目立たなくするものです。

ホワイトニングに使用するお薬の成分に過酸化水素や過酸化尿素を使用し、これが付着した色素を分解して歯を無色透明にいわゆる本来の歯の白さにします。


これをブリーチ効果といい、歯牙漂白というホワイトニングを指しています。
また、歯の老化による加齢変化による歯の変色は、ブリーチ効果に加えてマスキング効果のダブル効果を利用して歯を白くします。
マスキングは、過酸化水素がエナメル質表層の微細構造を変化させることで光反射時による乱反射効果より白く見せるホワイトニングであります。

このホワイトニング法は、なかなか複雑な考え方を利用したものですが画期的なものと言えましょう。

 

 

まとめ

ホワイトニングは、今や世界中で需要があるために薬剤方法は、研究によって日々進歩しています。

ホワイトニングってたくさんあるし、本当に効果があるの?

歯医者でホワイトニングをするのは高いしと、ネット口コミで調べたところ

自宅で手軽に、本格的なホワイトニングができる商品はないかとホワイトニングで検索!!

「はははのは」を発見!

期待を込めてを購入しみました!早速、購入してみて効果があるか検証してみました!

歯磨き後に 「はははのは」を初トライ!

 

(初日〜)

全体に歯の黄ばみがあり、まだ変化なし。即効性は無いようです。

1週間目

使い始め(1週間〜)

1週間使用後、歯のネバつき朝起きてからの口臭がなくなりました。

 

2週間目

使い始め(2週間〜)

少しづつですが確かに白くなってきました。

ポイント

  • ①歯磨き後に使用
  • ②さぼらず毎日2回使用する
  • ③5分以上ブラッシングする
  • ④コーヒーとタバコの量を減らす以上のことを取り入れ、使ってみました。

 

1ヶ月目

  使い始め(1ヶ月〜)

 

1か月使ったところ、初日より歯が白くなりました!

「はははのは」のメリットは、歯医者に通う手間や時間をかけずに普段の歯磨きで手軽に、

しかも体への悪影響を心配することなく歯のホワイトニングと口臭対策が出来ます。

歯医者でホワイトニングを行う場合、短期間で歯は白くなるのですが、使用する薬剤の影響で歯がしみる恐れがあります。

また、市販のホワイトニング歯磨き粉も、口腔内の刺激や歯のエナメル質を傷つける知覚過敏といった、化学物質による副作用や、アレルギー症状が起きる可能性があります。

しかし、「はははのは」は、歯に負担をかけてしまう薬剤や、危険な副作用やアレルギー症状の原因になりかねない化学物質を使用していない無添加歯磨きジェルです!!

 

 

歯のホワイトニングの方法は様々ありますが、体への負担を最小限に抑えられ、安心して歯のホワイトニングを続けられます!

 

【公式】はははのは購入はここ⇩⇩