ホワイトニング知識

過酸化尿素とは?ホワイトニング効果はあるのか?

メイクもばっちり!!服装もばっちり!!…なはずなのに印象がよくない。なんだか実年齢より老けて見えるこのような悩みを抱えていませんか?

歯が黄ばんでいたり、くすんでいるだけで、実は老けて見られる原因にもなるんですよ!!

想像してみてください。

いくら身だしなみを完璧にキレイにしていたとしても、歯が汚れているとどうでしょう。

この人なんだか残念だなって思いませんか?

歯が白くキレイだと、好印象をあたえることができ、あなたの笑顔がさらに輝くこと間違いなしです!!そのうえ、若く見られます!

過酸化尿素とは?

ホワイトニングの中の薬剤に入っていて、主にホームホワイトニング用として使われています。

さらに、ホワイトニング剤だけではなく、口腔用殺菌剤としても使われていて、副作用や毒性がありません。

なので、とても安全性に優れています。

これは安心できる大事なポイントになりますよね。

過酸化尿素の成分とは?

結晶性の個体で、白色。ホワイトニング成分の中に含まれるものです。

過酸化水素の3分の1の濃度なので、安全にホームホワイトニングとして使うことができます。

過酸化尿素でホワイトニングの効果は?

過酸化尿素は酸素と水に分解し、活性酸素を出すことで、くすみや着色といった原因に作用します。

そして、漂白し歯を白くすることができます。

ホワイトニングを控えた方がいいケースがいくつかあります。

14歳以下。歯の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。

妊娠中や授乳中。悪影響を及ぼした事例はありませんが、安全性が証明されていないので、できれば違うタイミングですることをオススメします。

無カタラーゼ症。過酸化水素を分解できない体質の人。この体質の人はホワイトニングそのものができません。

光過敏症。オフィスホワイトニングでは光を照射し、施術していきます。なので、このような症状の人はホームホワイトニングをオススメします。

ホワイトニングにはこのようなメリット・デメリットがあります。

 

過酸化尿素でホワイトニングできるのか?

歯の着色汚れなどで、悩んでいることが解決できます!

ズバリ、ホワイトニングはできます!!

でも、注意しなければいけない事があります。

健康状態がいいということが、ホワイトニングするうえで大事な条件になります。

基本的には安全にできますが、口内環境が悪いとトラブルの原因になってしまいます。

虫歯や歯周病、視覚過敏やヒビのある歯がある人などがホワイトニングをした場合、薬剤がしみて、痛みをかんじてしまうなどのトラブルが起きてしまいます。

こちらも合わせてご覧いただくと、より理解が深まるかと思いますので是非一度ご覧ください。

【オフィスホワイトニング】と【ホームホワイトニング】のメリットとデメリットをまとめて紹介!!

1人で悩まずに、歯医者さんに行って相談しながら自分の理想とするホワイトニングを決めるのもいいと思います。

ご自身の体質や理想にあったホワイトニングができるように、ぜひ参考にしてみてください。