ホワイトニング知識

虫歯でもホワイトニングは受けれるの?!虫歯と大切な栄養素!

皆さんの中に、虫歯でもホワトニングは出来ますか?と質問する方も多いようです。

私もホワイトニングをしたいけど虫歯があり歯にしみたりしないか心配です。

今回は虫歯でもホワイトニングが受けれるのか?ホワトニングを成功させるためには見えている部分の歯だけをケアしているだけではダメなので歯に大切な栄養素をまとめてみました!

 

虫歯とは??

虫歯は、口腔内に潜んでいる虫歯の原因菌であるミュータンス菌がつくる酸によって、歯のカルシウムを溶かしいき、さらに進行すると歯内に穴があいてしまう病気です。
原因菌であるミュータンス菌は、歯に付着してブラッシングが悪いと歯垢(プラーク)をつくり、食べ物に含む糖質を使って酸をつくります。この酸がエナメル質の、歯の成分のリン
やカルシウムを溶かしていきます。これが脱灰と言います。

 

 

虫歯でもホワイトニングは出来るの?

 

虫歯にもホワイトニング出来るの?

基本的には治療の後に施術することになります。

虫歯治療を後にすると、補綴物の色とホワイトニングの色が変わってきてしまいます。ホワイトニングの薬剤は天然歯にのみ有効なので、人工のものには効果がなく、ホワイトニング後の色に合わせた補綴物が必要なのです。また、ホワイトニングの施術が数回にわたるので、その間に虫歯が進行する可能性もあります。

ホワイトニングの効果を最大限に得るためにも、虫歯の治療をしてからホワイトニングを行うようにしましょう。

虫歯の状態でホワイトニング治療をすると歯がしみやすくなります。

虫歯菌は歯を溶かす性質があるので、虫歯にかかっている歯にホワイトニング薬剤を塗布すると、溶液が歯の奥に浸透しやすくなって、激痛を伴うこともあります。

ですからホワイトニングを希望している人で虫歯にかかっているのであれば、まずは虫歯の治療を優先させましょう。そして虫歯を完治させてからホワイトニングの施術を受ければ、痛みに悩まされることは減ります。

 

歯のために必要な栄養素とは?!

ホワトニングを成功させるためには見えている部分の歯だけをケアしているだけではダメです!

意識してほしいのが、歯茎の中に隠れている部分で、歯茎の中に深く根を下ろしている歯根と、それを支える歯茎のしっかりとした引き締まりが大切になります。

そんな引き締まって歯茎を保つために必要な栄養素は、ビタミンCとコラーゲンです。ビタミンCは、透明感のある美肌に欠かせないように、丈夫なピンク色を帯びた歯茎に必要不可欠です。
その証拠に、風邪をひいてビタミンCが不足すると口内炎ができたり、歯茎も赤くブヨブヨになります。

また、コラーゲンが不足すると、肌の弾力を失うように、歯茎も衰えてきますので、歯茎をキュッと引き締めるにはコラーゲンも必要です。

 

おすすめ!虫歯予防の食生活アドバイス!

とても大切なのが歯の健康です。虫歯は痛いだけでなく、そこに触れないように片側だけで噛んだり、柔らかいものばかり食べる、歯周病でバイ菌が入りやすくなることにより体に悪影響を与えます。

では、食生活ではどうしたらいいのでしょうか?

歯の健康に役立つカルシウムや他の栄養素を十分に摂りましょう!

また、よく噛んで食べること、砂糖をとり過ぎないことは虫歯予防になります。

 

 

 

 

歯の原料となるカルシウムを十分に摂ること。

歯の土台を作るたんぱく質や歯質を作る栄養素なども合わせて摂ること。歯は永久歯になる時期に最もこれらの栄養素が必要なのですが、その後も歯が弱くなるのを防ぐために摂りましょう。

よく噛んで食べよう。

食物を噛むことで、食物とこすれ合い歯がきれいになります。硬いもの、食物繊維が多い野菜などは、より効果的。また、唾液には歯を丈夫にする成分が含まれて、よく噛むことで歯が丈夫になる、よく噛むとアゴが発達して歯並びがよくなり、歯垢がつきにくいといった作用もあります。

汚れを長時間口に残さないこと。

虫歯菌は砂糖が大好きなので、甘い物を摂り過ぎるとたくさん虫歯の原因の酸を作ります。また、だらだら食べると、食べかすが常にあるので、酸を作り続けて歯を溶かします。これらに気を付けながら、食べた後歯磨きをする、フッ素で口をすすぐ、キシリトールなど虫歯菌のえさとならない甘味料のお菓子を選ぶようにし、歯を健康に保ちましょう。

 

 

歯を強くする栄養素

カルシウム

歯の原料となる。
牛乳、乳製品、小魚、桜えび、大豆、大豆製品、干しひじき、ごま、小松菜など

 

たんぱく質

歯の土台を作る。カルシウムの吸収をよくする。
卵、魚、肉、牛乳・乳製品、大豆・大豆製品など

 

マグネシウム

カルシウムの吸収を助ける。
魚介類、海藻類、納豆、玄米、ココアなど

 

 

ビタミンD

カルシウムの利用を高める。
魚介類、きのこ類など

 

 

ビタミンA

エナメル質をつくる。
レバー、卵、うなぎ、チーズ、緑黄色野菜など

 

 

ビタミンC

象牙質をつくる。カルシウムの吸収をよくする。健康な歯茎を形成するのに役立つ。
野菜類、果物類、いも類

 

 

 

まとめ

ホワイトニングと虫歯の治療を並行で行うことはできません。

虫歯のある場合、ホワイトニングの前に治療を実施するのが大切です。また、虫歯だけでなく詰め物や被せものをしている場合にも、事前に処置しなければならないことがしばしばありますので、治療を担当する歯医者に相談を必ずしましょう!

私も安心してホワイトニングを受けたいのでしっかりと虫歯の治療を終えてからホワイトニングを受けます。

事前予防としては、食生活の見直しをして歯の健康に役立つカルシウムや他の栄養素を十分に摂りまた、よく噛んで食べてしっかりと歯磨きをする事が大切です!