ホワイトニング知識

ホワイトニングの施術の回数は何回必要なのか?

ホワイトニングの良さは分かっていても仕事や学業に追われる多忙な日々の中ではなかなか時間がなくて、歯の色が気になりつつホワイトニングをしたい気持ちがありながら決断がつかない方は多いはず…。

私もホワイト二ングを利用しようかと思いつつ、日々の中で多忙な生活に追われています。でも、一度はホワイト二ングを受けたいと思いホワイト二ングを調べて所、

ホワイトニングも色んな種類のホワイト二ングがあるんだと今回は、そんな多忙な方にさまざまなホワイトニングの種類からあなたに合ったホワイトニングや施術の回数が見つかればとまとめてみました!

 

 

ホワイトニングに必要な回数は?

歯科医師さんが直接おこなうオフィスホワイトニングでは、専用の薬剤に特殊ライトを照射してホワイトニング効果をみる施術です。その通院回数は、使用薬剤濃度やご希望白さにより異なります。もちろん、個人差があることも考えていただき、1回程の施術で4〜5段階のトーンアップすることや、1段階のみのトーンアップの場合もあります。

いずれにしても、期間が必要なホームホワイトニングから比べると、多少の色の後戻りはあるものの、安全性、効率性を考えると、オフィスホワイトニングがおすすめです。

 

オフィスホワイトニング BEFORE・AFTER

 

ブライトホワイト
【費用】1回1時間程度 ¥60,000〜¥100,000(上下20〜24本)

NASAの元科学者が開発したホワイトニングです。一度に白くできる歯の本数が多いのが特長です。

 

ティオン
【費用】1回50分程度 ¥30,000〜¥50,000(上下12〜16本)

ティオン(Tion)は日本最大の歯科関連企業の一つであるジーシー(GC)が開発した、オフィスホワイトニング(歯科医院でおこなうホワイトニング)です。低刺激で知覚過敏になりにくい薬剤とLEDを使用します。

 

ビヨンドホワイトニング
【費用】1回30分程度 ¥10,000〜¥30,000(上下12〜16本)

ハロゲン光を使い、比較的安価に短時間で歯を白くできます。

 

オフィスホワイトニングの種類は?

・ポリリン酸ホワイトニング

ポリリン酸ナトリウムを使用したホワイト人法で従来の過酸化水素を加えたもので1回に1段階ほどのトーンアップを期待できます。ホワイトニング効果は個人差がありB1の白さには3回程の来院が平均です。

歯磨きにも配合されているポリリン酸を自分で歯に塗布し、LEDを前歯に当てて白くするセルフホワイトニングシステム。
ピュールホワイトと同様、過酸化物を全く含まないため、知覚過敏は出ませんが、ほかのホワイトニングに比べてかなり効果は弱く、繰り返し行っても真っ白にはなりません。

 ・ビヨンドホワイトニング

ビヨンドホワイトニングは強力なホワイトニング効果を維持しながら、有害な紫外線や過度な発熱を抑えた、安全な設計のもとに作られており国内約4,000件のクリニックに導入されています。

過酸化水素が含む薬剤にハロゲン光を照射するホワイトニング法です。1回に3〜4段階ほどのトーンアップできます。B1の白さには2〜3回の来院が平均です。

※ビヨンドは、熱や紫外線をカットした安全な光を使用しています 。

 

・レーザーホワイトニング

過酸化水素が含む薬剤にレーザーを照射するホワイトニング法です。1回に3〜4段階のトーンアップできます。B1の白さには、3〜5回の来院が平均です。・ティオンホワイトニングV-CATという光触媒でLEDライトを照射するホワイトニング法です。1回に4〜5段階のトーンアップできます。
B1の白さには1〜2回の来院が平均です。

・ティオンホワイトニング

日本の企業、GCが開発した二酸化チタンと窒素を触媒にすることにより、
効果的にホワイトニングを行うホワイトニングシステム。二酸化チタンが反応する385nm~415nmの波長を持つLEDを使用して、ホワイトニング剤を活性化させます。1回の施術でカラーガイド3~6段階前後白くなります。1回に4〜5段階のトーンアップできます。
B1の白さには1〜2回の来院が平均です。

・ブライトホワイトニング

NASAが開発し特許取得のライト照射するホワイトニング法です。
1回に8〜10段階のトーンアップできます。優しいブルー・ライトが歯全体に当たるように特別にデザインされており、特許のジェルとともにホワイトニングを促進させます。このライトは熱や有害な紫外線(UV)も発生しないため、歯のエナメル質をはじめ、皮膚や歯茎、その他の軟組織への安全性が臨床的に証明されています。このライトは笑ったときに見える上下全ての歯(スマイルライン)に同時に光が当たり、白くできるような形をしており、自然で均一な結果を得ることができます。B1の白さには1回のみの来院で可能です。

まとめ

ホワイトニングの来院回数は、オフィスホワイトニングでも薬剤の種類や、濃度により異なりますが、基本的には1回〜2回の利用で効果が有ります。

1回のみ来院で真っ白い歯をもとめるのであればブライトホワイトニングが多忙な方にはおすすめです。私も一回で白い歯になるのならブライトホワイトニングを利用しようかな。

でも、値段が高額なのがネックです….。