ホワイトニング知識

ホワイトニング受ける前に!歯の変色の原因を知っておく事!!

肌や髪の色に個人差があるように、生まれつき歯の白い人もいれば黄色い人もいます。

また加齢によって、象牙質の色が濃くなったり、歯の表面のエナメル質が摩耗することで、エナメル質の内側の、より黄味がかった象牙質の色が見えやすくなったりします。

変色の歯を改善するには、原因に応じた対処が必要で、その方が時間的にも費用的にも節約になります。
詳しい原因は歯科医師の先生が判断しますが、皆さんもある程度の知識を知っておくと、ホワイトニングを受ける際にも参考になります。

 

 

歯の変色の原因を知っておく事!!

歯が黄ばむ原因は、大きく分けて3つ、外部要因・内部要因・加齢による要因が挙げられます。
人それぞれ原因が違っています。

外部要因:食べ物、飲み物、たばこなど

外因性の原因の場合には、歯の表面の汚れが歯を変色させています。

「ステイン」とは、食物に含まれているポリフェノールなどが唾液の中のたんぱく質と結合した汚れのことです。一般的に、みなさんが想像する「黄色い汚れ」はこれにあたります。
色の濃い食べ物(カレー、キムチetc.)や飲み物(コーヒー、紅茶、緑茶 etc.)を摂取すると、特にステインは付着しやすくなります。

また、たばこの「ヤニ」は、ステインよりも粘着力が高く、さらに歯を黄ばませる働きがあるので注意が必要です。

なぜ「ステイン」や「ヤニ」がただの汚れで終わらずに、歯の黄ばみの原因になるのかというと、表面に付着し留まっていたステインは、時間が経つと歯の表面を覆うエナメル質の中まで浸透してしまうからです。洋服につけたカレーや醤油のシミが、時間が経つにつれ落としにくくなるのと同じイメージだと言えば分かりやすいでしょうか。

 

 

内部要因:加齢による黄ばみ・抗生物質による黄ばみなど

歯の色は、歯の表面を覆うエナメル質のすぐ内側にある象牙質の色に影響されます。

象牙質の色の強弱は人それぞれですが「黄色い」色をしています。歯の色に個人差があるのは、エナメル質の厚さや象牙質の色が人それぞれ異なるためです。
一般的に、歳をとると歯はだんだんと黄ばんでいきます。これは、歯の表面を覆っている半透明のエナメル質が加齢とともに徐々にすり減って薄くなる半面、歯の内部の象牙質は次第に厚くなっていくということが原因です。

加齢のほかに歯が黄ばむ内部要因として「抗生物質」によるものがあります。
マイコプラズマ肺炎などにかかった時に服用する抗生物質である「テトラサイクリン」は、永久歯が生え変わるころまでの子供が服用すると歯が黄ばんでしまうことがあります。左右対称に歯の色が変わっている場合は、子供の頃にテトラサイクリン系抗生物質を服用していた可能性があります。その場合は、症状や目的によってさまざまな対処法がありますので、一度歯科医師に相談してみることをおすすめします。

 

 

 

すでに歯の神経が死んでいることが原因

転ぶ・ぶつけるといった外的要因が原因で歯の神経が死んでしまい、ある日歯がグレーになってしまうということがあります。

 

 

 

 

ホワイトニングの主な方法

 

歯科医院でのホワイトニングは、短時間で高い効果が期待できますので、内側の黄ばみだけでなく、歯の表面の黄ばみ(着色汚れ)であっても、すぐに歯を白くしたい人にはオススメの対処法です。

ホワイトニングには、歯科医院で施術してもらう「オフィスホワイトニング」と、歯科医院でマウスピースを作成してもらい薬剤の処方を受けて自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。

 

 

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
漂白を行う場所 歯科医院 自宅
方法 歯に濃度の濃いジェルを塗布し、特殊な光を照射することで歯を白くする。 自分にあったマウスピースを作ってもらい、歯科医師指導のもと、トレー内の歯と接する部分にジェルを塗布し、睡眠中にトレーを装着することで歯を白くする。
使用する薬剤 35%過酸化水素 過酸化尿素(10%、16%、22%等)
危険性 35%過酸化水素は、消毒薬に含まれている成分であり、体内に入っても害はないのですが、35%と濃度が高いので、歯肉などに触れると、刺激性があります。安全性に対し厳格なFDA(米国食品医薬品局)で安全性が認められています。 過酸化尿素は、水分にふれるとすぐに酸素と尿素に分解されます。尿素はもともと人間が尿として排泄しているものですから、危険性はなく、安全性の高い薬剤といえます。FDA(米国食品医薬品局)で安全性が認められています。
効果 歯科医院で30分~1時間ほどホワイトニングを行います。一回目から効果が認められ、3回前後通院します。 1日5時間程(睡眠中)使用し、1週間目から効果を感じ始め、個人差がありますが2~4週間かかります。
※注意点 濃度の高い薬剤(化学薬品)を使用しているので、一時的に歯が冷たいものなどにしみやすく、歯の色の後戻りがホームホワイトニングより若干早いとも言われています。 低濃度の薬剤(化学薬品)により毎日長時間かけて行うので、歯に対する刺激が少なく、歯の色の後戻りが少ないと言われています。

 

 

まとめ

あなたの黄ばみの原因は、どのタイプでしたか? 自分のタイプに合った方法で対処して、白い歯を手に入れましょう。毎日の食生活を心がけで歯の白さをキープしていくことも大切です!

私はホワイトニングを受ける前に着色汚れ除去に適した成分を配合したホワイトニング用歯磨き粉を、毎日の歯磨きに取り入れると効果的です。

しかし研磨剤は継続して使うと歯の表面のエナメル層を傷つけ、そこに汚れがたまることによって歯の黄ばみの原因になりますので、研磨剤の含有量の少ないものを選ぶようにしましょう。

また、歯科医院でクリーニングをしてもらえば、一度で簡単に着色汚れをきれいにすることができます。

歯の内側の象牙質の黄ばみについては歯科医院でのホワイトニングか、歯科医院の処方により自分専用のマウスピースを作成してもらい、医師の指導に従って自宅で専用の薬剤をマウスピースに塗布・装着するホームホワイトニングを行うこと。これらの対処法が必要となります。

私が今使っているのは、オーガニック成分のホワイトニングジェルの【はははのは】です!

オーガニック成分で作られているため、身体に負担をかけることなく、自然に白い歯を作っていくことができます。

歯を痛めることで知られる、

研磨剤・発泡剤・漂白剤・着色料・合成界面活性剤・パラペンは一切使用していないなど、品質の安全性にもこだわっているのが特徴です。