ホワイトニング成分、原料

ポリアスパラギン酸ナトリウムとは?ホワイトニング効果はあるのか?

最近ホワイトニングに興味がある人が増えてきましたね。

あなたも興味を持っていませんか?

一般的なホワイトニングだと、費用も気になるし、通うことが面倒くさかったり、安全性が気になるなど、ホワイトニングに興味があっても手が出せないという人が多いようです。

ですが、そんな心配はいりません。

たばこやコーヒーなどやめれないけど、ホワイトニングしたいという方にもオススメします。

歯医者さんに通うホワイトニングより、それほど費用も気にしなくてもいいし、無理して何かを我慢するということもせず、いつもの歯磨きをするだけで、きれいにできるというのが最大の魅力です!!

興味がある方は、ぜひポリアスパラギン酸ナトリウムの成分が入った歯磨き粉を使ってみてはいかがでしょうか?

 

ポリアスパラギン酸ナトリウムとは?

一般的には吸水ポリマーは、ポリアクリル酸ナトリウムですが、生分解性がないため、一部では環境に優しいポリアスパラギン酸が生理用品やおむつなどに使われています。

アスパラギン酸が水に溶けない性質のため、保湿剤や湿潤剤などの成分として使われています。

さらに保湿性に特化しているので、リキッドアイライナーにも使われています。

ポリアスパラギン酸ナトリウムのおかげで、にじまずしっかりかけるアイライナーが作れるというわけなんです。

網状にポリマー化しているので、安全性には問題ありません。

そのため、ホワイトニング歯磨き粉の成分として使われていて、口腔内に使っても安全に使うことができます。

アスパラギン酸ナトリウムをよく知らないという人も、1度は知らずに使っているかもしれませんね。

 

 

ポリアスパラギン酸ナトリウムの成分とは?

必須アミノ酸20種類の中の、非アミノ酸11種類のうちの1つで、アスパラギン酸が重合化したものです。

ポリマーを水酸化ナトリウムで中和し、ポリアスパラギン酸塩となったものが、ポリアスパラギン酸ナトリウムになります。

 

 

ポリアスパラギン酸ナトリウムのホワイトニング効果は?

ポリアスパラギン酸ナトリウムの保水力で歯の表面の汚れを浮かせて、たんぱく質と結合して固まる性質が、浮かせた汚れを取ってくれる働きに作用します。

アミノ酸からできているため、研磨剤などでも取れない着色汚れや歯垢などの汚れも取ってくれちゃうんです。

研磨剤のように汚れを落としてくれるのに、歯の表面を傷つけないため、ポリアスパラギン酸ナトリウムは、今注目されている成分なんです!

さらに、たんぱく質の汚れを取ってくれることで、歯周病予防になったり、口臭の防止にもなるんです。

なので、口腔内を清潔に保つことが出来きて、このような働きが、ホワイトニングに繋がっていきます。

 

ポリアスパラギン酸ナトリウムでホワイトニングできるのか?

歯をきれいに白くしたいという人には、向いていません。

ですが、ポリアスパラギン酸ナトリウムの成分が入った歯磨き粉で磨くことにより、歯の黄ばみやくすみ、着色汚れなどをきれいにするので、歯を自然な白さにしたいという人には、ピッタリです!!

歯の汚れは生活習慣や食生活でなってしまうものです。

たばこやコーヒーなどやめれないけど、ホワイトニングしたいという方にもオススメします。

歯医者さんに通うホワイトニングより、それほど費用も気にしなくてもいいし、無理して何かを我慢するということもせず、いつもの歯磨きをするだけで、きれいにできるというのが最大の魅力です!!

興味がある方は、ぜひポリアスパラギン酸ナトリウムの成分が入った歯磨き粉を使ってみてはいかがでしょうか?

 

オススメのホワイトニング方法がありますよ‼気になる方はぜひ見ていってください。

まずは歯磨き粉からのホワイトニングを始めてみてはいかがでしょうか?

ホワイトニング口コミ&効果ランキング