ホワイトニング成分、原料

PEGー600(ポリエチレングリコール600)とは?ホワイトニング効果はあるのか?

仕事などで人と接する機会が多い

歯の黄ばみが気になるけどタバコはやめられないなど、印象が大事という方におススメですよ‼

あなたの印象が、歯がよごれているだけでマイナスになっているかもしれません!

毎日の週間のあれをかえるだけで、ヤニで黄ばんだ歯をポリエチレングリコールで綺麗な白い歯に!

PEG600とは?

ポリエチレングリコールとは、PEG(ペグ)、マクロゴールともいわれています。

合成原料などとしてよく使われる、アルコールの1種のエチレングリコールが重合(合成する化学反応)した構造をもつ高分子化合物(分子量が大きい分子)です。

分子量約2万までのものをPEG、数万以上のものをPOEといいます。

この2つの化学性質はあまり変わらないが、年度や融点などが少し違います。

PEGは無毒で安心です。

そのため化粧品や乳化剤などいろいろなものに使われています。

他には、慢性便秘症の薬としても使用されたり、動物実験ではありますが、脊椎損傷の治癒に効果があることも証明されています。

 

PEG600の成分とは?

エチレングリコールが重合した構造の高分子化合物です。

合成原料の成分としてよく使われるものです。

ポリエチレングリコールは歯磨き粉の成分に配合されています。

PEG600のホワイトニングの効果はあるのか?

ホワイトニング効果はありますが、少し意味が違います。

主に、タバコが原因の頑固な黄ばみ汚れに働きかけ、キレイにしてくれます。

なので汚れを落として、もとのキレイな歯にするということになります。

 

PEG600でホワイトニングできるのか?

ポリエチレングリコールでは真っ白でキレイな白い歯にはなりません。

芸能人のようなあの白さというホワイトニングは、残念ですができないのです。

ですが、黄ばみやくすみがある人にとっては、漂白するホワイトニング方法をやる前に、汚れを落とすだけでも、だいぶ実感が得られると思います。

ぜひこの成分が入った歯磨き粉を使うことをおススメします。

ですが、黄ばみやくすみの汚れは、人によって様々です。中にはあまり効果を感じられない人もいるかもしれません。

しかし、歯医者さんに行っておこなうホワイトニングはそれなりに費用もかかります。

なのでまずは、手軽に始めやすい歯磨き粉で試して見てはいかがでしょう?

ホワイトニングと書いてあれば、何でもいいというわけではありません。

歯磨き粉にも選ぶポイントがあります。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

【手軽で安全!】ホワイトニング歯磨き粉の人気おすすすめランキング5選!

歯磨き粉の製品によっては、安いものから高いものまであります。

高いものを買ったからといって、必ずしも効果がでるとは限りません。

口コミが良くても、同じです。

歯の汚れ具合や汚れの原因は、人それぞれです。自分に合ったものを見つける必要があります。

歯磨き粉は、徐々に汚れを落としていくものなので、ある程度の期間は継続することがポイントになってきます。

それでも効果が感じられなかった場合は違うものにかえて、また継続して使い、効果がでるかを見ます。

見つかるまでは費用がかかってしまいますが、一般的なホワイトニングに比べるとなるとそこまで気にならないです。

毎日の生活習慣の中でやれることなので、無理なく続けることができます。

時間がたつごとに汚れが付着し、落ちにくくなっていきます。

まずはホワイトニング歯磨き粉で、ホワイトニングへの一歩を踏みだしましょう‼