ホワイトニング知識

ホワイトニングマウスウォッシュは効果があるの?

海外へ出た方なら何方も感じることでしょうが、日本人女性はメイクケアへの熱心さ、メイクの上手さでは、世界にひけをとることはないのに美しい歯になると、ちょっと見劣りする日本人です。

特に、20〜30代の日本人女性に美しい歯に対する心を育てることです。社会でいきいき活躍するこの世代の女性たちが美しい歯に目覚めれば、自然とご主人にも美歯の世界へと導いてくれます。

美しい歯でいることは、知的生活水準の証にもなります。
笑顔からこぼれる歯がレベルアップすれば、日本人の魅力が更に上がることは間違いありませんね。

今回は少しでも美しい歯の素晴らしさを考えつつ、皆さんがホワイトニングにマウスウォッシュを使用する場合についてまとめてみました。

 

ホワイト二ングマウスウォッシュについて

白く綺麗な歯を手に入れたい方におすすめなホワイトニングマウスウォッシュ。歯が黄ばんでいると清潔感に欠け、印象もあまり良くありませんよね。ホワイトニングマウスウォッシュで口をゆすいだ後に歯ブラシを併用することで、歯本来の白さを取り戻す効果が期待できます。

ホワイトニングマウスウォッシュと通常のマウスウォッシュの違いはステイン (着色汚れ) を除去する成分が含まれているかどうかになってきます。毎日の飲食物による着色汚れを浮かせて落とすことで、綺麗な歯の色に戻す効果を得ることが出来ます。

ホワイトニングマウスウォッシュ効果とは?

口の中をゆすいで口臭や虫歯、さらには歯周病を防ぐマウスウォッシュですが、ホワイトニング効果マウスウォッシュとはどのようなマウスウォッシュなのでしょうか。

歯の黄ばみを取り除くマウスウォッシュ

歯の表面は、本来、ある程度の白いものです。

色の濃い食べ物や飲み物を摂取していると、歯の表面が着色されてしまいます。歯の表面の着色は黄ばみとなり、歯が汚れているように見えてしまいます。

色の濃い食べ物や飲み物の代表は、コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなどで、これらの飲食物を日常的に摂取していると歯をしっかり磨いていても歯が黄ばみます。

ホワイトニング効果マウスウォッシュは、そんな歯の黄ばみを軽減する効果のあるマウスウォッシュです。

 

歯の着色汚れ(ステイン)を剥がして落とす

ホワイトニング効果マウスウォッシュの効能の中で最も強力なのが、歯の黄ばみの原因となっているステインと呼ばれる着色汚れを剥がして落とす効果です。

歯の表面には、薄い膜が形成されており、この膜が黄ばんでしまうとステインと呼ばれる着色汚れになってしまいます。

ホワイトニング効果マウスウォッシュは、そんなステインを分解する成分を配合しており、ステインを分解して剥がして浮かせることで洗い流し、黄ばみの原因を元から断つことができます。

もちろん一度で全てのステインを洗い流すことは困難ですが、日常的にホワイトニング効果マウスウォッシュを使用することで徐々に歯を白くすることができます。

 

 

歯の表面に着色汚れ(ステイン)が付着しないようにする

ホワイトニング効果マウスウォッシュのもうひとつの効果が、ステインの付着を軽減して歯の白さを維持することにあります。

ステインは食事をしていると歯の表面に付着しますが、その原因は歯の表面にあります。

歯の表面は、食事をすると溶け出してなくなってしまいますが、同時に再石灰化によって再生するため維持されています。

正常な状態だと、歯の表面はツルツルと滑らかな状態になっているため、食事による汚れなどが付着しにくくなっています。

ところが何らかの影響で歯の表面の凹凸が大きくなると、凹凸に汚れが付着しやすくなり黄ばみの原因となってしまいます。

ホワイトニング効果マウスウォッシュの中には、そんな歯の表面の凹凸をなくして滑らかな状態にするものや、歯の表面をコーティングすることによって汚れが付着しにくい状態を作り出すものがあります。

歯を白くするだけでなく、歯を黄ばみにくくするのもホワイトニング効果マウスウォッシュの特徴です。

 

 

洗口液と液体歯磨きの違い

マウスウォッシュは、一般的にはデンタルリンスやデンタルウォッシュなどとも呼ばれていますが、同じように見えるマウスウォッシュにも「洗口液」と「液体歯磨き」の2種類が存在します。

洗口液とされているマウスウォッシュは、主に口内を洗浄したり口臭を防止することを目的としています。一般的にイメージされるマウスウォッシュの使い方を行うのが洗口液です

液体歯磨きとされているマウスウォッシュは、一般的なペースト状の歯磨き粉を液体化した製品です。一般的な歯磨き粉と大きく異なる点は研磨剤の有無で、マウスウォッシュには研磨剤が含まれていないため歯磨きしても歯の表面を研削する心配がありません。

また液体歯磨きは洗口液のように口の中をゆすいで汚れを落とすだけでなく、使用後に歯ブラシで歯磨きをすることを念頭に作られています。

 

 

 

虫歯や歯周病対策にも

ホワイトニング効果マウスウォッシュは、歯を白くするだけでなくマウスウォッシュ本来の働きである口臭対策や虫歯や歯周病の予防にも効果を発揮します。

最近ではマウスウォッシュと歯磨きを併用してオーラルケアを行う人も増えており、マウスウォッシュをその場しのぎの一時的な口臭対策に使うのではなく、日常的なオーラルケアとして使用する人も多くいます。

口の中の隅々で行き渡るマウスウォッシュは、歯ブラシでは届かないポイントまでケアすることが可能で、歯垢除去に効果のある無水ピロリン酸ナトリウムやエリトリトール、歯肉炎に効果のあるグリチルリチン酸などを配合した製品まであります。

歯の黄ばみは、口の中の汚れをすばやく取り除くことでも抑えることが可能。そのため歯垢除去力が高いマウスウォッシュや口内環境を正常にする殺菌力のあるマウスウォッシュは、間接的にホワイトニング効果があります。

ホワイトニング効果マウスウォッシュであっても、基本的なオーラルケアをする洗浄力は必要不可欠。虫歯や歯周病対策ができるからこそ、歯の白さを保つこともできます。

 

 

 

ホワイトニング効果!マウスウォッシュの主な5つの効果!

ホワイトニング効果マウスウォッシュが歯を白くするだけのものではないことをご説明しましたが、具体的には歯を白くする主な5つを紹介します!

1 口臭対策効果

マウスウォッシュで口をゆすぐことによって、歯と歯の間や歯と歯茎の間に詰まっている歯垢や食べカスを洗い流すことができます。歯垢や食べカスは口臭の原因となるため、歯垢や食べカスを取り除くことで口臭を劇的に抑えることができます。

さらにマウスウォッシュの多くが殺菌成分を含んでおり、口腔内の細菌数を減らすことができます。舌の上や奥歯の周辺などケアするのが難しいポイントもしっかりと殺菌するため、高い口臭対策効果に期待することができます。

 

 

2 口の中の異物感の除去

食事の後に、歯に食べカスが詰まってしまって気になって仕方なくなることはないでしょうか。そんなときにはマウスウォッシュです。

マウスウォッシュの中には、でんぷん質やタンパク質を分解する効果を持つ製品もあり、歯に詰まった頑固な食べカスを分解して除去することができます。

また食べカスや歯垢を取り除けるマウスウォッシュは、歯の黄ばみを防ぐ効果にも期待できます。

口の中の異物感を取り除きながらホワイトニング効果にも期待することができます。

 

 

 

3 爽快感によるリフレッシュ効果

口の中にネバつきがあると不快な気分になってしまうものです。

ホワイトニング効果マウスウォッシュにはアルコールが含まれている製品も多く、うがいをすると有効成分などによって口の中をサッパリさせることができます。殺菌作用もあるため、ネバつきの原因も元から除去することができます。

有効成分によるオーラルケアのことばかりが語られるホワイトニング効果マウスウォッシュですが、眠気覚ましをしたいときや気分転換をしたいときにも、マウスウォッシュが大活躍してくれます。

 

 

4 虫歯対策効果

強力な殺菌力があり口の隅々まで届くホワイトニング効果マウスウォッシュは、虫歯の原因となる虫歯菌も撃退することができます。

歯垢を取り除き虫歯菌を減らすことができるため、必然的に虫歯対策効果を発揮します。

虫歯は歯の汚れの原因となるため、虫歯を防ぐことで白い歯を実現することができます。歯の表面の凹凸が滑らかになることで着色汚れを未然に防ぐことにもなります。

虫歯に悩んでいる人や虫歯の予防をしたい人は、歯磨きした後にマウスウォッシュを使うだけで虫歯を劇的に改善できるかもしれません。

 

 

 

5 歯周病対策効果

マウスウォッシュの殺菌力によって虫歯菌を撃退できることを説明しましたが、虫歯菌を撃退できるということは歯周病の原因である歯周病菌も撃退することができるということです。

ホワイトニング効果マウスウォッシュの中には、高い殺菌力だけでなく歯茎の腫れを抑える成分を含んでいる製品もあります。

歯周病菌は歯と歯茎の間の歯周ポケットに潜んでいますが、歯肉炎や歯槽膿漏になると歯茎が腫れて歯周ポケットが大きくなり歯磨き粉やマウスウォッシュの殺菌成分がなかなか届かなくなります。しかし歯茎の腫れを抑えることができれば、歯周ポケットも小さくなり効果的に歯周病菌を殺菌することができるようになります。

最近では歯周病対策効果を謳うマウスウォッシュも登場しているため、ホワイトニング効果を得ながら同時に歯周病対策をしたい場合には、歯周病に効果のある成分に着目してみましょう。

 

 

ホワイトニング効果マウスウォッシュの効果的な使い方

ホワイトニング効果マウスウォッシュは、ただ口をなんとなくゆすぐだけでなく正しい使い方に変えるだけ高いホワイトニング効果を発揮してくれます。

ホワイトニング効果マウスウォッシュの効果的な使い方をしっかりチェックしておきましょう。

1.歯磨きをする
2.口の中の汚れを取り除いてからホワイトニング効果マウスウォッシュを使用する
3.溶液を口に含んだ状態で30秒ほどゆすいで吐き出す
4.ホワイトニング効果マウスウォッシュの使用後には水で口をゆすがない

 

 

 

ホワイトニング効果マウスウォッシュだけで歯の汚れや歯垢を取り除くのは難しく、歯垢があると効果的に歯の隙間にマウスウォッシュが行き渡らないためホワイトニング効果を発揮することができません。

そのため大まかな汚れは歯ブラシによってしっかりと取り除くのがポイントとなります。

舌の汚れである舌苔もマウスウォッシュだけで取り除くのは難しいため、舌苔クリーナーを使って落としておきましょう。

ホワイトニング効果マウスウォッシュの使用後には、できるだけ有効成分を口の中に残留させるために水などで口をゆすがないようにしましょう。

歯磨き後に使用する

仕上げにマウスウォッシュを使うのは非常に効果的です。液体であるため口の中隅々にまで溶液が行き渡り、汚れをしっかりと除去することができます。汚れを取り除くことで、ホワイトニング効果にも期待することができます。

歯を白くするためにホワイトニング歯磨き粉で歯磨きをするのは有効ですが、さらにホワイトニング効果マウスウォッシュを使う方法は非常に効果的なオーラルケアとなります。

使用後、30分間は飲食しない

ホワイトニングウォッシュの使用後にはできるだけ水で口をゆすがないようにしましょう。

食べ物や飲み物を口の中に入れてしまうと、ホワイトニングウォッシュの成分が口の中から流れ出してしまい効果を半減させる原因となります。

そのため、ホワイトニングウォッシュの使用後30分程度は飲食をしないようにしましょう。

ただし、どうしてもホワイトニングウォッシュの香料やスースーする感じが苦手な場合には、軽く水で口をゆすぎましょう。

ホワイトニングマウスウォッシュの選び方のポイント

ホワイトニング効果マウスウォッシュを選ぶときには、どのようなポイントをチェックしなくてはいけないのでしょうか。正しいホワイトニング効果マウスウォッシュの選び方を知っておきましょう。

ホワイトニング効果マウスウォッシュを選ぶ

ホワイトニング効果マウスウォッシュの役割は大きく分けて2つあります。それは歯のステインを剥がして歯を白くする効果とはのステインの付着を防いで白さを保つ効果です。

黄ばんでいる歯を白くする場合には、ステインを剥がす効果のあるホワイトニング効果マウスウォッシュが有効です。

一方で白い歯をできるだけ維持したい場合には、ステインの付着を抑えるホワイトニング効果マウスウォッシュが有効です。

どちらの役割も兼ね備えているホワイトニング効果マウスウォッシュもあるため悩む必要がないこともありますが、まずは黄ばんだ歯を白くしたいのか、それとも白い歯を黄ばみから守って維持したいのか、どちらの効果を求めるのかを確認しておきいましょう。

口腔内の状態に合わせたものを選ぶ

マウスウォッシュを選ぶときには、自分にピッタリと合ったものが大切になります。どれだけ評判の良いホワイトニング効果マウスウォッシュでも、口腔内の状態に合っていなければ口腔トラブルの原因となってしまいます。

もし歯周病や口内炎によって口腔内が傷ついているなら、刺激が強いものは避けるべきです。また口臭が強いなら消臭効果の高いマウスウォッシュを選ぶべきです。

ホワイトニング効果はもちろん重要ですが、まずはしっかりと自分の口の中をチェックして、歯のホワイトニング以外の問題を解決してくれそうなマウスウォッシュを把握しましょう。

体質に合わせたものを選ぶ

どれだけ効果の高いホワイトニング効果マウスウォッシュであっても、アルコールが苦手な人がアルコール濃度の高いマウスウォッシュを使い続けるのは難しいです。

口腔内は非常に敏感なため、口に合ったホワイトニング効果マウスウォッシュを選ぶことが大切になります。

刺激はもちろんのこと、味や香りなどもホワイトニング効果マウスウォッシュを選ぶうえで非常に重要な要素となります。

体質に合わないマウスウォッシュを選んでしまうと、ホワイトニング効果マウスウォッシュを使いたくても使えなくなってしまいます。

ホワイトニング効果マウスウォッシュは、こまめに使うことで効果を高めることができるため、使うことをためらうようではせっかくのホワイトニング効果マウスウォッシュの効果も半減します。

用途に合わせたものを選ぶ

旅行先や外出先でマウスウォッシュを使おうと考えているのに、1.5リットルのボトルタイプのマウスウォッシュを選べば大失敗です。

ホワイトニング効果マウスウォッシュには、溶液が詰められている容器に応じてそれぞれボトルタイプ、スプレータイプ、小分け個包装タイプの3種類があります。

自宅で使用するなら大容量で値段も安いボトルタイプが大活躍します。

1度の使用をできるだけ少量に抑えたいならスプレータイプが便利です。

外出先で使用する場合や衛生面が気になる場合には小分け個包装タイプが役立ちます。

ホワイトニング効果マウスウォッシュのタイプによって最適な用途も変わってくるため、効果などももちろん大切ですが容器もしっかりチェックしておきましょう。

味と香り

どれだけ歯を白くしてくれるホワイトニング効果マウスウォッシュであっても、味や香りを受け付けないものは長く使用することはできません。

吐き出すものとはいっても、口に入れて口の中をゆすぐものであるため、味や香りも非常に重要です。

味は使用後の爽快感に大きく影響し、香りは口臭に大きな影響を及ぼします。

ホワイトニング効果マウスウォッシュを選ぶときには、どうしても効果や値段ばかりをチェックしてしまうものですが、味や香りも自分に合っているか確かめておきましょう。

味や香りはチェックが難しいため、体験者による口コミの評価が大いに参考となります。

価格

マウスウォッシュの多くは、虫歯や歯周病に対する効果を前面に打ち出しており、ホワイトニング効果を謳うマウスウォッシュは数が限られています。また特殊な有効成分を含んでいることが多く、一般的なマウスウォッシュに比べて割高となっています。

値段が安い市販のホワイトニング効果マウスウォッシュもありますが、市販品には高い効果を期待するのは難しくなります。

ホワイトニング効果マウスウォッシュを選ぶうえでもコストパフォーマンスはもちろん大切ですが、やはり歯を白くすることを重視するなら値段よりもホワイトニング効果を優先するべきです。とりあえず値段の優先順位は下げておいて、ホワイトニング効果を重視してホワイトニング効果マウスウォッシュを選ぶことをオススメします。

まとめ

ホワイトニングウォッシュをまとめみて、個人的にオススメなのが、リステリン ホワイトニング マウスウォッシュです!

味は爽快感があるような感じで嫌な感じはしません。

小分け個包装タイプに分けておけば出先でも気軽に使えて効果的にオーラルケアができるため、歯の白さを維持や口臭、歯周予防になるので、歯磨きの後に歯磨きで磨ききれない部分を含め積極的にホワイトニング効果マウスウォッシュを使っています!

ホワイトニングマウスウォッシュと書いてありますが、速攻性はありません。

速攻性を求めるので有れば歯医者でのホワイト二ングをオススメします。

歯を白くするだけでなく、歯を黄ばみにくくするのもホワイトニング効果マウスウォッシュの特徴です!