ホワイトニング知識

ホワイトニングした歯の白さを長持ちさせる方法は?!

ホワイトニングによって歯の白さを取り戻しても、ずっと白さが継続するわけではありません。
しかし、日々の習慣を意識することでホワイトニング効果を長持ちさせることができます。

ホワイトニングした歯の白さを長持ちさせるポイントは歯医者さんへ行き、「歯のクリーニング」を行う事で歯の白さを長持ち出来ます。

「クリーニング」と言っても、その内容は「スケーリング」「歯石取り」「エアーフロー」「ジェットクリーニング」「PMTC」などなど、様々なキーワードに分類されます。

歯のクリーニングに対する疑問を解消するために、それぞれ細かく説明していきます。

 

ホワイトニングした歯の白さを長持ちさせる方法は?

ホワイトニングした歯の白さを長持ちさせるポイントは歯医者さんへ行き、「歯のクリーニング」を行う事で歯の白さを長持ち出来ます。

プロフェッショナルクリーニング

プロフェッショナルクリーニング(PC)とは、専門のトレーニングを受けた歯科医師や歯科衛生士が、歯の表面に付着している歯垢やバイオフィルムなどの汚れを特殊な機器にて除去する歯のクリーニングです。

  • バイオフィルムの破壊
    その結果、虫歯菌・歯周病菌を退治→虫歯や歯周病になりにくいお口の環境になる。
  • きれいな歯を保つ、口臭を防ぐ

歯の表面を清潔に保つことで、虫歯や歯周病を予防します。

 

 

バイオフィルム

口の中の汚れとしてよく聞く言葉に、「歯垢」「バイオフィルム」「歯石」があります。

歯垢が口腔内に長時間留まって膜のようになったものが「バイオフィルム」です。

「歯垢」とは、食後8時間程度でできる微生物の塊のことです。食べかすが細菌の栄養源となるために、食後に発生します。

さらに、歯垢が唾液中に含まれるカルシウムやリンと反応して石灰化すると「歯石」となります。

歯垢が歯石になってしまうと、日頃の歯みがきだけでは取り除くことはできず、歯科衛生士に歯石除去をしてもらうか、歯科医院での歯のクリーニングを受ける必要になります。

 

 

エアフロー(ジェットクリーニング)

細かなパウダー状にした炭酸水素ナトリウム(重層)やグリシン(アミノ酸の一種)を、強力なジェット水流で歯に吹きつけて歯の表面に付着した細菌のかたまりであるバイオフィルムや、茶渋、タバコのヤニといった着色を、水圧とパウダーの力ですみずみまで落とすことが出来ます。

 

 

PMTC

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略称で、専門的な器具・材料を使って歯の清掃をし、口の中の環境を整える一連の治療のことを指します。

デンタルフロスや歯間ブラシでの清掃に加え、ブラシやチップを先端に取り付けた器具を使い、歯の表面の汚れを落とします。
また、フッ素が配合されたペーストで歯の環境を整えることもあります。

 

 

スケーリング(歯石取り)

スケーリングに用いる機械には、手動で歯石を除去するハンドスケーラー、超音波で除去する超音波スケーラーで歯石を取っていきます。

 

 

着色しやすい食事について

ホワイトニング後でもいつものように食事をとることは差し支えありませんが、着色しやすい食べ物や飲み物は避けるようにしたほうがよいです。具体的には、次のようなものは着色のおそれが高いものなので、なるべく控えるようにしましょう。

 

 

飲食物以外での注意

タバコに含まれるタールやニコチンは口の中で茶色に変化しますが、これらが唾液中のカルシウムと結びつくことで歯に付着しやすくなり、着色の原因となります。この他、口紅やうがい薬等も着色の原因となるため、控えることをおすすめです。

 

しっかりと歯磨きを

歯に食べ物の色素が付着、沈着しないよう、食事後は少しでも早く歯磨きをしましょう。その際、色素を分解し、着色を防ぐ成分が含まれた歯磨き粉を使用するのもよいでしょう。

 

 

まとめ

ホワイトニングした歯の白さを長持ちさせる方法は食事後は少しでも早く歯磨きをしていき、日常の食生活を見直す事がポイントです。

個人の歯磨きだけではなかなか落とせない歯の汚れもあるので、私は半年に1回PMTCを受けて歯のメンテナンスをしています。

私のオススメは食後でも、オーラルケアが1本で完結でき歯を白くする効果を得られる「はははのは」を利用してます!

通常の歯磨き粉は歯磨き粉の味がが入っていて、食事のすぐの歯磨きは抵抗があったのですが、「はははのは」は香料なんかが入っていなくてすべてオーガニック成分で汚れを浮かしながら落としていくので効果ありでかなり使い安いです!

【公式】はははのは購入はここ⇩⇩