ホワイトニング知識

話題となった!薬用ハイドロキシアパタイトとは?!

皆さんもご存じのCMで一躍有名になったハイドロキシアパタイトは、歯や骨を構成している物質のひとつです。
歯のエナメル質の97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトからできています。
歯磨き剤に含有されているハイドロキシアパタイトは、薬事法から、「薬用」と「薬用でないもの」と2種類に分類されています。

薬用ハイドロキシアパタイトとは聞いた事はあるけど実際はどのような成分なのかまとめてみました。

 

 

話題となった!薬用ハイドロキシアパタイトとは?!

ハイドロキシアパタイトは、リン酸カルシウムの一種で歯と骨の主成分です。

ハイドロキシアパタイト<HAP>は歯と骨の主成分であり、歯のエナメル質の 97%・象牙質の70%、骨の約60%を占めています。古くから医科、歯科の分野にも広 く応用されています。

ハイドロキシアパタイトはその語源(ギリシャ語の「アパト」=「惑わす」)が⽰すように、⾮常に不思議な物質で、構成する元素の⼀部が抜けたり他の元素に置き換わっても、その基本構造は変わりません。

歯磨き粉に使われるハイドロキシアパタイトは虫歯予防に効果的な成分です。

 

 

薬用のハイドロキシアパタイトは、リン酸とリン酸とカルシウムから合成された歯を構成する天然のハイドロキシアパタイトに極めて近い組成で、歯に直接作用することがわかっています。

薬用ハイドロキシアパタイトの効果のひとつに「微小欠損の充てん」があります。これは歯の表面についたミクロの傷を埋め、歯垢や着色汚れをつくにくくする効果です。

薬用のハイドロキシアパタイトが配合されている歯磨き粉には「mHAP」と書かれたインサイトマークと呼ばれる丸いマークが表示されています。

「薬⽤ハイドロキシアパタイト(<mHAP>)」は、⻭の主成分ハイドロキシアパタイトとほぼ同じ成分であり、3つの作⽤でむし⻭を予防するサンギ独⾃のむし⻭予防成分です。

 

 

薬用ハイドロキシアパタイトの3つの作用とは?

サンギ独⾃の薬⽤成分「薬⽤ハイドロキシアパタイト」には3つの作用があります。

 

 

  1. 歯の表面に付着していた歯垢をしっかりからめとる吸着除去力があります。
  2. 歯の表面についてしまったミクロの傷を埋めて、表面をなめらかにして歯垢や着色の汚れを付着しにくくします
  3. エナメル質の表層下から溶け出したミネラルを補給して表層下脱灰層を再石灰化する、つまり歯から溶け出したカルシウムが再び補給されることです。

薬用ハイドロキシアパタイトのパワーを一言で言うならば、歯をきれいに、なめらかに、丈夫にする機能があります。

 

 

 

まとめ

「薬用ハイドロキシアパタイト」は歯垢を吸着除去し、ナノレベルで歯の主成分であるハイドロキシアパタイトを補給することにより歯の表面をなめらかに、ミネラルが溶け出したエナメル質の欠損部を修復・再石灰化して、エナメル質を健康にして歯を白くてくれて虫歯予防から歯の健康維持までしてくれます。

私が使っているのは「薬用ハイドロキシアパタイト」入りのアパガードプレミオを使っています。

毎日使う事により歯が滑らかになり歯が綺麗になってます!

アパガード プレミオ購入はここ⇩⇩