ホワイトニング成分、原料

ホワイトニングとしてハイドロキシアパタイトは効果はあるのか?

コーヒーやタバコなどでなんだか歯の色が黄ばんで気になってどうにかしたいそんな悩みを抱えていませんか?

普段の歯磨きに取り入れるだけで、白い歯を手に入れられるホワイトニング歯磨き粉!

ドラッグストアや通販でも、たくさんの商品が販売されています。でも、研磨剤なしで歯を傷つけにくいもや効果が高そうなもの・口コミで評判のものなどいろいろあって、どれが効果的なのか見分けるのは難しいですよね。

私は歯磨き粉のホワイトニングから始めようと思い、ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)入りの歯磨き粉から初めてみました。

ホワイトニング効果があると言われる成分のハイドロキシアパタイトについてまとめてみました。

 

ハイドロキシアパタイトとは

ハイドロキシアパタイト(Ca10(PO4)6(OH)2)はヒドロキシアパタイトともいいます。

燐灰石系化合物の一種です。

 

 

ハイドロキシアパタイトの成分とは?

人間の体には欠かせない成分で、しかも唾液にも多く含まれています。

自然界で存在するハイドロキシアパタイトは、生体や鉱物の構成成分です。

歯のエナメル質に97%・象牙質に70%・人骨に60%、含まれていて、骨や歯の主成分というわけなのです。

違う成分と結合しやすい(生体親和性)が高く、歯科材料の人工歯根やインプラントのコーティングなど多くの材料に使われているんです。

さらに、化粧品や健康食品などの身近なものにも配合されています。

ホワイトニング剤としてのハイドロキシアパタイトの効果

 

ハイドロキシアパタイトには、二つの性質があります。

まず一つは、歯の表面についている歯垢を絡めとって取り除いてくれます。

しかも歯と同じ成分なので、歯の表面を傷つけることなく、たんぱく質・脂質・糖を吸着してくれて、キレイにしてくれるという性質です。

歯と同じ成分というのは、安心です!

もう一つは、イオンのやりとりをして、歯の不足した成分などを補充するという性質です。

ハイドロキシアパタイトには、カルシウムイオンが豊富に入っていて、足りなくなった分を補充し、他のミネラル分も補充してくれることで、歯を溶けにくくして、虫歯予防につながります。

ホワイトニングをして虫歯予防もできて、一石二鳥なんて嬉しいですよね!!

そして傷ついた歯の表面を埋めて、凹凸のないツルツル表面の歯にし、着色汚れや歯垢を付きにくくすることで、ホワイトニング効果が期待できるということなのです。

真っ白な歯というより、自然な歯の白さ(着色など汚れがない状態)のイメージで、ハイドロキシアパタイトでホワイトニングができるということになります。

ハイドロキシアパタイトでホワイトニングはできるのか?

ハイドロキシアパタイトでホワイトニングはできるけど、真っ白な歯というのは時間がかかり芸能人みたいに真っ白にする事は出来ません。

一般的なイメージのホワイトニングとはハイドロキシアパタイトは少し方法が違うんです。

漂白して歯を白くというより、表面の汚れを落として自然な白さという感じのイメージをするとわかりやすいかと思います。

ホワイトニングを日頃から続けていれば、ホワイトニングにつながる大事な成分になるので、ある程度は白くするのは出来ます!

ただ、本当にホワイトニングを目指すのであれば食生活と同時に、日々のブラッシングや効果のあるホワイトニング剤を継続的に使う必要があります。

私が今まで10種類以上のホワイニングの中から、特に効果があって口コミでも評判なホワイトニングをランキングでまとめました。

こちらも合わせてご覧いただくと、より理解が深まるかと思いますので是非一度ご覧ください。

まずは歯磨き粉からのホワイトニングを始めてみてはいかがでしょうか?

ホワイトニング口コミ&効果ランキング