ホワイトニング知識

【ホームホワイトニング】と【オフィスホワイトニング】はどっちが良いの?? 

ホワイトニングは、専用の薬剤使用により歯を白くすることです。
歯の変色はさまざまな原因によりますが、単なる汚れや歯表面の着色であれば、表面クリーニングで改善されます。

しかし歯の内部までおよぶ変色では、表面クリーニングだけでは白くできません。そこでホワイトニングが必要になってきます。

 

 

今回、皆さんにご紹介するホワイトニングには、2種類あります。

1つ目は、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと2つ目つは、自宅で行うホームホワイトニングです。それに、2つのホワイトニングの利点を組み合わせたホワイトニングは、より高い効果を期待出来る方法です。

 

オフィスとホームホワイトニングはどんな歯に行うの?

歯科医院でのホワイトニングには、2種あります。

天然歯と言って、神経が生きている状態の歯、また、う蝕等により既に神経が死んだ場合、または既に抜髄した歯があります。
歯の神経が死んだ状態ならば、歯の色が茶褐色になり、この場合には歯の内側に薬剤を入れて歯を白くするウォーキングブリーチ法をしますが、今回は、歯の表面に薬剤を塗って象牙質の色を白くすることから
天然歯のホワイトニングになるわけです。

そこで、神経が生きている天然歯のホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを利用します。

 

オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトニングは、専用の薬剤とレーザー照射で歯を白くします。

歯科医院で行うことで、比較的短い時間で白い歯に変えることが出来る反面、濃度の高い薬剤を使用するために、副作用があったり、色にむらが出来やすく、ホームホワイトニングに比べて色の逆戻りが早いデメリットがあります。

 

通院回数

元の歯の色や、どの程度の白さを希望するかといったことでも変わりますが、1回の施術時間は1時間程度、定期的に3~6回(※)ほど通院するのが一般的です。

 

注意点

健康な歯でも、歯の質や厚み、ホワイトニング剤の濃度といったことが影響して、オフィスホワイトニングをしたあとに歯がしみることがあります。
一時的な症状であることがほとんどですが、しみる症状が強く出た場合や、翌日まで痛みが続くといった場合は、歯医者さんに相談しましょう。

事前に虫歯治療や歯のクリーニングが必要なことも

虫歯や歯石、着色などが見られる場合、オフィスホワイトニングを実施する前に治療や除去が必要になることがあります。
そのため、希望するタイミングでオフィスホワイトニングが受けられないこともあります。

まずは歯医者さんを受診して、オフィスホワイトニングが可能かどうか確認しましょう。

 

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングは、文字通りに自宅で行うホワイトニングです。
まず、歯科医院で歯型を取り、ご自身に合ったマウストレーを作製します。

そして、ホワイトニング用の薬剤をマウストレーに注入してこれを1日に数時間、2〜4週間マウストレーを装着します。

 

 

ホームホワイトニングでは、オフィスホワイトニングに比べて効果を実感出来るまでに時間が必要ですが、使用する薬剤が低濃度で安全な上に効果が持続が長いメリットがあります。

 

まとめ

オフィスホワイトニングまたは、ホームホワイトニングとは、それぞれのメリットとデメリットがあるようです。安全性を考えて時間的余裕のある方はホームホワイトニングをおすすめいたします。

しかし、両者ともに色の逆戻りはありますが、ホワイトニング前までの色の逆戻りはないと言われています。

 

 

オフィスホワイトニングは、即効性はあるものの費用が高額な事やや通院しないといけないデメリット、

ホームホワイトニングではホワイトニング用の薬剤をマウストレーに注入して、これを1日に数時間、2〜4週間マウストレーを装着するのが、面倒と言う方に!是非

私も愛用しているのですが、自宅で手軽にホワイト二ングが出来き、歯磨きと同じ要領で使える「はははのは」をお勧めします!!

 

【公式】はははのは購入はここ⇩⇩