ホワイトニング知識

【危険!!】フッ素配合の歯磨き剤は身体に良くない?!     

皆さんの多くの方が子供時代にフッ素を塗布した経験があることと思います。
フッ素は、虫歯の原因菌であるミュータンスの働きを抑えて、歯から溶け出すカルシウムやリンの再石灰化を促して歯の表面を強めて虫歯から守る働きがあります。

ところで、皆さんフッ素塗布は、子供時代のみにおこなうイメージをお持ちの方も少なくないようですが、実は市販で使っている歯磨き粉はほとんどがフッ素配合の歯磨き粉です。

フッ素配合の歯磨き粉は賛否ありますが、実は危険な成分なのです。

 

フッ素配合の歯磨き剤は身体に良くない?! 

日本で初めてフッ素配合の歯みがき粉が登場したのは昭和23年のことです。そして1990年代後半になってその市場占有率は5割を超え、今では9割の歯みがき粉にフッ素が配合されています。お持ちの歯磨き粉がフッ素配合かどうかを調べるには、商品の原材料名をご確認ください。「フッ化ナトリウム」または「モノフルオロリン酸ナトリウム」と記載されていればフッ素が配合されています。

歯を強化しむし歯になりにくいとされるフッ素ですが、その賛否は大きくわかれています。つまりはっきりと反対している人たちもたくさんいるということが事実です。
次に色々な分野でフッ素の危険性について報告されていることを抜粋してみました。

 

  • 外国でフッ素を公共用水へ添加している国は過去40カ国ありましたが、現在は半減しています。

  • フッ素が歯の表面のエナメル質の96%をしめるハイドロキシアパタイトに作用し、これをより酸に強いフルオロアパタイトに変え、欠落部分も補修すると言われていますが、正確にはエナメル質を変質させてしまい、その副産物として酸に強くするだけであり、到底再石灰化とは言えない。

  • フッ素の副作用には斑状歯、骨の発育不全、骨折率の増加、ダウン症、ガン、痴呆が確認されていること。

  • WHOは1994年に6歳以下の子供へのフッ素洗口は強く禁止するという見解を出した。

  • スウェーデン、ドイツ、オランダなどではフッ素の使用を中止。フッ素予防の発祥地のアメリカでもフッ素の人体に対する毒性と環境に及ぼす影響で論議が起こり、大きく方向転換し始めている。

  • 1991年からアメリカ合衆国食品医薬品局(FDA)がフッ素入り歯磨きを毒物と認定。

  • アメリカの歯磨き剤「クレスト」には毒物と記載され、「もし、子供が何かの拍子で1回の歯磨き用より多量のペーストを飲み込んだ際は直ちに医者に行くか中毒センターに連絡すること」と記載されている。

  • フッ素の毒性は合成界面活性剤より危険という警告さえなされている。

歯の表面には唾液成分によるバリアー作用があり、子供にフッ素を塗布している時間ぐらいでは浸透するのは考えにくく、またその濃度も唾液の分泌により薄められているので効果は疑問である。さらに上記のことを考慮して濃い濃度のフッ素が使用され、それを子供が飲み込む危険性を考えれば、その使用には今一度注意が必要と思います。

 

 

虫歯を防ぐフッ素とは?

モノフルオルリン酸ナトリウムやフッ化ナトリウムなどのフッ化物が配合されている歯磨き剤が一般的です。
フッ素は、エナメル質から溶け出したカルシウムやリンを再び、歯の表面に戻す働きをしてくれます。
これを再石灰化と言います。このフッ素のパワーは、再石灰化によるエナメル質の修復の他に、虫歯菌のミュータンス菌の活動を抑えることで、歯質を強化する虫歯予防には効果的な成分です。

むし歯予防にフッ素というのは、非常に危険なのでその使用は厳に慎むべきです。しかしながら、今日ではフッ素は市販の歯磨き粉のほぼ全てに含まれ、歯科医院ではフッ素塗布が行われ、幼稚園や小学校などではフッ素洗口が行われている所もあります。

 

 

危険!フッ素の副作用はあるの?! 

フッ素は砒素よりも危険な毒物であり、大量に摂取すれば吐き気、腹痛、下痢、心不整脈、昏睡といった急性中毒症状が現れたり、最悪死に至ります。また微量であってもフッ素は体内に蓄積して、さまざまな慢性症状を引き起こします。

フッ素の慢性中毒としては、骨や歯が脆くなる骨フッ素症や歯牙フッ素症が知られています。アメリカで水道水にフッ素添加が行われている地域では、斑状歯(歯牙フッ素症の症状)が高頻度にみられることが報告されています。また、発育期の少年に見られる骨肉腫、若い母親からのダウン症児の出生といった危険性が指摘されています。また、若年期にフッ素を摂取することで、将来ガンになる危険性が増加するとの指摘もあります。

また飲料水にフッ素を添加している地域では、注意欠如多動性障害(ADHD)の子どもが多いことも分かっていて、実際ハーバード大学をはじめとした研究機関は、ADHDの原因の一つとしてフッ素を挙げています。

 

フッ素不使用!オススメ歯磨き粉は【はははのは】!!

私が今使っているのは、フッ素不使用のホワイトニング歯磨き粉【はははのは】です!

はははのはの一番の特徴といえば、やっぱりオーガニック成分にこだわった高い安全性です。もちろん歯のホワイトニングという目的もあるんですが、危険な安売り歯磨き粉が不安で、はははのはを試してみるという人も増えています。

 

・研磨剤、フッ素、着色料、パラベンなどすべて不使用のオーガニックな歯磨き粉
・歯のホワイトニングに特化しているため効果抜群
・値段は1980円で送料無料
・公式ネット通販限定商品
・10日間の全額返金保障

虫歯予防用の歯磨き粉として使われるケースも増えています。これだけ安全性の高い歯磨き粉ってほかに見当たらないです。

 

 

【公式】はははのは購入はここ⇩⇩



 

まとめ

大人になると、仕事等から不規則な生活習慣から虫歯になりやすい環境にあります。

虫歯の予防に使われるフッ素は実はとても危険な成分です。

安物歯磨き粉メーカーの宣伝を信じて、発がん性があるかもしれないフッ素入りの歯磨き粉を使うか、はははのはのようにオーガニックでフッ素不使用の歯磨き粉を使うかあなた次第ですが、将来の事を考えるので有ればオーラルケアがこれ1本で出来、オーガニック成分にこだわり安全な【はははのは 】がオススメです!