ホワイトニング成分、原料

フッ素とは?ホワイトニング効果はあるのか?

虫歯予防にフッ素というのはよく耳にしますよね。

皆さんフッ素塗布は、子供時代のみにおこなうイメージをお持ちの方も少なくないようですが、実は市販で使っている歯磨き粉はほとんどがフッ素配合の歯磨き粉です。

もしフッ素でホワイトニングができたら、虫歯予防とホワイトニングで一石二鳥でお得な感じがして、なんか嬉しくないですか?

ですが、実際には残念ながらフッ素でホワイトニングの効果はありません。

しかし、直接ホワイトニングにつながるというわけではないですが、結果的に白い歯を維持できるようになるというのがフッ素の効果なんです!

今回はフッ素はどのようにホワイトニングと関係しているのかまとめました。

フッ素とは?

天然の元素で、フッ素化合物を略してフッ素と読んでいます。

危険性は?と身近にありながらよくわからないという人は多いと思います。

フッ素は、単体では危険な物質なんです。ですが、適切な量を摂取すれば何も問題はありません。

糖分や塩分を過剰にとりすぎれば誰だって体に悪いです。

使用量、使用頻度をしっかり守れば何も問題なく安全に使用できます。

全てに言えることですが、注意事項はきちんと読んでから使用しましょう!

  【危険!!】フッ素配合の歯磨き剤は身体に良くない?!   

フッ素の成分とは?

フッ化ナトリウム・モノフルオロリン酸などのフッ化化合物で配合されているものです。

歯質の強化作用があり、虫歯予防には欠かせない成分になってます。

 

 

フッ素の効果は?

まずフッ素は、歯を強くします!

フッ素と言ったら虫歯予防というイメージですよね。

どのように強くなるかというと、フッ素を歯の表面に塗布することで、強い結晶構造ができ、エナメル質が強くなり、歯が溶けにくなります。

そして、唾液の中の成分が虫歯菌で歯の表面を溶かすことで失った部分を補って、もとの状態に戻してくれます。

自分の力で、虫歯になり始めた歯を修復してフッ素塗布により、その力を促進します。

さらには、磨き残しで残った歯垢が虫歯になるのを弱めてくれちゃうんです。

こんなに細かくいろいろな作用があるなんて、フッ素の力ってすごいですよね。

 

フッ素でホワイトニングできるのか?

フッ素を塗布したり、フッ素が入っている歯磨き粉で磨いても、歯を白くする事は出来ません。

しかし、ホワイトニングにどのようにフッ素が働くのかというと自分の力で修復したりするのを促進することで虫歯になりにくくするので、キレイな歯を保つことができるんです。

なので、ホワイトニングをしてからフッ素をすることで、白くキレイになった歯を保つということになります。

メリットばかりですが、フッ素にもデメリットになる部分があります。

それらは、ホワイトニングをする上で注意が必要です。

フッ素を塗布しているとホワイトニング効果を損ねてしまうという作用がフッ素にはあります。

ホワイトニングをするうえで、フッ素コーティングなどをしている人は、白くなりにくく、効果が出にくくなってしまうんです。

ホワイトニング行う場合は、フッ素が入った歯磨き粉で磨いてから行かないように注意してください。時間もお金も無駄になります。