ホワイトニング知識

セルフホワイトニングはエステのような 気軽な気持ちで!

エステティックサロンはのマシーンにかかれば、セルフケアではどうにもならなかった毛穴の汚れもすっきりとハリと透明感のあるレベルの美肌が可能です。

毛穴に汚れが、シワやたるみが気になった時、シミやくすみを本格的にホワイトニングしたいとき…肌のお手入れが自分の手には負えなくなった時にエステティックサロンを利用しま
すよね。
また、美容医療ブームで、大都市圏には美容クリニックが近年急増してより専門的にシミ、シワを改善したりたるみをすっきりさせたりと、アンチエイジング効果の高い施術を受けられるようになります。

しかし、歯についてはどうでしょうか?皆さん、歯の黄ばみが気になった時に、気軽にセルフホワイトニングを利用していますか?

 

 

 

セルフホワイトニングはエステのような 気軽な気持ちで!

皆さん、これからは歯も肌と同様に美容目的で気軽な気持ちでセルフホワイトニングを利用していく時代ではないでしょうか?

日本でも、歯のホワイトニングサロンが増えつつあります。セルフホワイトニングでも美歯つくりのためのメニューを受けられるところも徐々に出てきています。
もちろん、毎日のセルフケアは大切でありますが、ときどきは歯科医師の手にゆだねれば、美歯度はかなりアップします。皆さん、是非エステティックサロン感覚で利用してみてはどうでしょう。

 

 

歯医者さんとセルフホワイトニングの違いは?

歯医者さんとしては、歯垢や歯石でも気軽に、コンビニ感覚に、利用してもらいたいと考えているのですが、患者さんサイドでは、セルフホワイトニングは虫歯の治療を受けるところと考えている意見が多いようです。

普通の歯医者さんとセルフホワイトニングでは治療の目的が大きくちがいます。 普通の歯医者さんでは歯科治療において、歯もしくは歯茎の病気を治したり、欠けた歯を補うなどしながら、機能を回復させることを目的としています。

それとは少し違い、セルフホワイトニングでは歯の色を変えることを追及することを目的としています。

おそらく、歯医者さんイコール痛いことをされる場所というイメージは、ますますセルフホワイトニングの敷居を高くしているのかもしれません。

セルフホワイトニングとセルフホワイトニングの違いをまとめてみました!

 

歯科医院のホワイトニング セルフホワイトニング
ホワイトニング施術の流れ 1.診査・診断 虫歯がないか、歯茎に炎症はないか、ホワイトニング適応かなどを診ます。

2.カウンセリング どのくらい白くしたいか、ご自身の歯はどのくらい白くなるのか歯科衛生士と相談します。

3.前処置…歯科衛生士による歯のクリーニング、歯茎が染みないようにコーティングを行います。

4.施術…ホワイトニングジェルを塗布し、照射器による照射を行います。
(ホームホワイトニングのみの方は型取り)

1.スタッフによる使い方の説明(初回のみ)

2.歯磨き

3.マウスオープナー装着

4.歯の表面にジェルを塗る

5.LEDライトを歯に照射(15分〜20分)

6.歯磨き

ホワイトニングジェルの成分

ホワイトニングジェルの成分はオフィスホワイトニングの場合25%の過酸化水素

ホームホワイトニングの場合10〜15%の過酸化尿素(場合によっては過酸化水素)を使用しています。

ホワイトニングのジェルの成分は
・炭酸水素ナトリウム
・グリセリン
・ポリリルベート20
・キサンタンガム
・カルボマー ソルビン酸カリウム セルフホワイトニングでのジェルは成分的に劣るだけではなく、殺菌効果のある物は使われていません。虫歯や歯周病の予防にもなります。

金額

一般的に本数や使用する薬剤によって異なりますが、

ホームホワイトニングは3万円程度
オフィスホワイトニングは3〜5万円程度になります。

1回3000円から5000円程度が一般的な金額設定です。
初回は歯科医院と比べて試しやすい金額です。
ホワイトニング特徴 歯科医院でのホワイトニングは3種類あり、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、そしてそれら2つを併用したデュアルホワイトニングがあります。

そしてホワイトニングを歯科医療の一環として行っています。虫歯や歯周病、被せ物のある方にも安全で、適切にホワイトニングができるよう診査・診断、前処置をして進めます。

 

セルフホワイトニングは、独自開発をした液材を使って歯を本来の明るさまで戻していく”カスタムホワイト”です。

この行為はお客様ご自身に行っていただきます。スタッフがお客様の口腔内に手を入れたり、口腔内を見て診断、治療などを行わないため医療行為にはなりません。

 

 

 

 

 

まとめ

手軽に始めれるのはセルフホワイトニングですが、施術方法、ホワイトニングジェルの成分は歯科でのホワイトニングとは大きく異なります。

ホワイトニングをする前には通う前にいくつか候補を決めておき、実際にそれぞれのクリニックに足を運んでみて決めるのもよいでしょう。

カウンセリングの際はきちんと治療前にメリットだけでなくデメリットなども説明をする所を選ぶことが大事な事です。無料相談などをやっている所やネットの口コミがたくさんある中で、治療の考え方を聞いて比べてくださいね。

セルフホワイトニングで行う部分に関しては、毎日のセルフケアは大切でありますが、ときどきは歯科医師の手にゆだねれば、歯のホワイトニング効果はかなりアップします。

本当に歯を白く健康的に維持したいのであれば、歯科医院でのホワイトニングをお勧めいたします。