ホワイトニング知識

【ホワイトニング】アルゴンレーザーって何?!

レーザーホワイトニングで一般的に使用されているのはアルゴンレーザーというタイプのレーザーです。

ほかにもダイオードレーザーや炭酸ガスレーザーなども使用されていますが、 効果の高さや安全性などでアルゴンレーザーの方が優れています。

アルゴンレーザーはレーザーホワイトニングに高い効果を期待できる装置となっています。 そのため多くの歯科で導入されています。アルゴンレーザーかどうかを ホワイトニング施術を受ける場所を決める判断基準にしている人も少なくありません。

レーザーホワイトニングを検討している方にアルゴンレーザーについてまとめてみました。

 

 

アルゴンレーザーとは?

アルゴンレーザーはワイトニングの中でも優れた効果が期待できる方法として知られている施術法です。

波長488nmの青色光と514nmの緑色光から成り立っているアルゴンレーザー。 熱の少なさとは逆にエネルギー量が多く、歯に塗布したホワイトニング剤に照射し、レーザーを照射する方法です。レーザーを照射することで薬剤の効果を活性化することができ、 より短期間でホワイトニング効果を発揮することができます。

また熱が少ないことで痛みが少ないというメリットもあります。

このように、アルゴンレーザーはレーザーホワイトニングに高い効果を期待できる装置となっています。

 

アルゴンレイザーの施術の流れ

ホワイトニング施術を行う際に、痛みの原因になりそうな歯がないかを確認し、ホワイトニングメニューをご紹介し、それぞれのメリット・デメリット、施術期間、費用について、ご説明いたします。

アルゴンレイザーの施術の流れ

 

  1. カウンセリング
  2. 歯のクリーニング(歯石・ステインの除去)
  3. 歯の色調のチェック(治療前の歯の色を記録)
  4. 診療室でのホワイトニング
  5. 歯面にホワイトニング剤を塗布
  6. レーザーを照射して反応を促進
  7. 色調のチェック

 

大切なカウセリングで

初めてのホワイトニングを受ける方はどの程度白くなるものなのか、不安はつきません。
また、ホワイトニングにかかる時間に費用にと分からないことだらけでしょうから、疑問にしっかりと向きあってこれからの治療方針など、特に時間をかけて分かるまで、納得いくまで相談しなくはなりません。

カウセリングが無事に終わりましたら歯の色を測定します。

 

 

歯の色を測定

歯の色は百人百様で、実に個性豊かです。毎日、歯の色を見て診療している歯科医師の先生でさえ色見本のシェイドアイで、歯の色の系統と、明るさをチェックします。そして、その測定値によりカラーサンプルでご自分の歯の色を確認します。

歯の色が決まりましたら、歯のクリーニングをします。

歯のクリーニングを

皆さんの歯磨きでは取れない歯にこびりついた歯の表面の汚れをエアフローで除去します。水と空気にクリーニングパウダーが同時に噴射されて終わったあとはすっきりに!

いよいよレーザー照射とコーティングを行います。

レーザー照射は、歯全体に一気に当てるのではなく、1本1本照射します。
歯茎を傷めないようコーティングホワイトジェルを塗布して1本につき30秒間ずつ照射します。
歯に負担が少ないのがアルゴンレーザーの特徴で、もちろん、痛みもほとんどありません。

そして、レーザー照射の後の歯は、バイオフィルムがなくなり、無防備な状態で、そこに、ハイドロキシアパタイトやフッ素などの美歯効果をもたらすものを与えると、しっかりと浸透してくれます。

これで施術は終わります。最後に白さをチェックします。

白さをチェックを

施術前のシェイドアイの測定結果と比較測定して、レーザー照射効果を確認します。1回のレーザー照射で1〜2段階明るさがアップ。普通3〜4回通ってのレーザー照射を繰り返すことで、明るさと透明感はさらに増していきます。

 

 

アルゴンレーザーホワイトニングの特徴

レーザーホワイトニング特徴は、ご自身の歯が本来持っている白さに戻れることです。

日本人に大きいのはオレンジ系で、他にイエロー系、グレー系、ダークブラン系があります。
レーザーによる最新技術でもホワイトニング効果は、永久的ではありません。1〜2年くらいで多少は元に戻ります。
レーザーホワイトニングの中でも安全かつ効果的に美歯になれるのは、アルゴンレーザーと言われています。
時間にして約1時間〜1時間半くらいで驚くほどの白い美歯になれます。

レーザーホワイトニングの8つ特徴

 

  1. ホワイトニングは無痛ですので、麻酔の必要がありません。
  2. 人工的なものを歯に被せたり、歯を削ったりすることがありません。
  3. 特殊なレーザー光線と薬剤の効果により、歯はむしろ丈夫になり、むし歯になりにくくなると報告されています。
  4. レーザーホワイトニングは、定期的な歯のクリーニングと簡単なメンテナンスで輝く白い歯を維持することができます。
  5. レーザーホワイトニングでは、ホームホワイトニングと比較して数倍の効果が見込めます。
  6. ラミネートやセラミックよりはるかに低価格です。
  7. 短期間、短時間で完了します。
  8. ホワイトニングはつめ物やさし歯などの修復物には作用しません。

 

 

 

アルゴンレーザーでよく聞かれる質問

 

Q : 希望通りの白さになりなすか?
A : 白さにも色々あり個人差があります。必ずしも希望する白さにならないこともありますが、今の色調より明るく白くなります。

 

Q : ホワイトニングの効果はどのくらい続きますか?
A : 何もしなければ2年位から後戻りし始めますが、正しくケアすれば白さを長持ちさせることができます。

 

Q : 治療した歯もホワイトニングできますか?
A : ホワイトニングは天然の歯にのみ有効なので、人工的な歯(差し歯、詰め物)はできません。ホワイトニングの治療が完了した後に色調が合わなければ、人工的な歯を再治療することをおすすめします。

 

Q : 痛みはないですか?
A : 虫歯がなければ痛みはありませんが、ホワイトニング後に違和感(知覚過敏:しみるような痛み)が出ることがあります。その違和感も一時的なものなので数時間で治まります。

 

Q : ホワイトニングができない場合は?
A : ラテックスアレルギーのある方
妊娠中や授乳中の方
知覚過敏症のひどい方
エナメル質形成不全症の歯
エナメル質に深い亀裂がある歯
象牙質が露出している歯

 

Q : ホワイトニングを受けたあとの注意は?
A : タバコやコーヒー、コーラなどは歯に色が付く場合がありますので、なるべくひかえたほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

アルゴンレーザーはクリニックで行う施術のため、自宅で行うホームホワイトニングと比べると即効性が高いのですが、個人差もありますが「歯が白い」といわれるなるまでに1~2回かかります。

初めてのホワイトニングを受ける方はしっかりとカウンセリングを受け、不安や疑問にしっかりと向きあって治療方針など納得いくまで相談をホワイトニングをうけましょう!