ホワイトニング知識

【アメリカで人気!!】ホワイトニングテープに注目!!

芸能人のように白く輝く真っ白な歯は、永遠の憧れです。

歯を白くする方法として、近年様々な方法が取り上げられていますが、アメリカで人気のホーム・ホワイトニングの中でも貼るだけというホワイトニングテープが注目されています。

ホワイトニングテープの名前はきいたことあるけど分からないと言う方、興味はあるけれど費用面への不安がある、安全性への心配が残るなど、悩まれている人も多いようです。

アメリカ帰りの知り合いがたまたまホワイトニングテープを持っいて、少し分けてもらい実際に効果があるか検証してみました。

 

日米でのホワイトニング事情の違いは?

アメリカでは、「歯の汚さは貧しさの象徴」と言う程、国民の歯に対する意識が高い国です。

アメリカ人の一般家庭には、必ずと言っていいほど歯ブラシ、フロス、リステリン、そして、ホワイトニング用品が置いてあります。

日本とアメリカを比べると、ホワイトニングに対する意識の高さや、種類に大きな差があることがわかります。この違いは、日本が口を隠して笑う文化があるのに対して、アメリカは歯を出して笑うことが良いとされてることや、キスの文化がアメリカで根付いていること原因です。

 

 

ホワイトニング先進国、アメリカの製品には過酸化水素過酸化尿素という成分が使用されています。これらの成分は歯の表面の黄ばみ汚れを落とすだけでなく、歯の内側から色素を分解し白く染めていく漂白剤なんです。

日本で市販されているホワイトニング歯磨き粉には、先ほど説明した過酸化水素過酸化尿素が含まれていません。

歯医者さんでホワイトニングをする時には使われますが、それらの成分は日本では医薬法で禁止されているため、ドラッグストアなどの小売店で販売することが出来ません。

 

 

ホワイトニングテープとは?!

簡単手軽に歯の美白ができるホワイトニングテープ。

ホワイトニングテープは、薄いフィルム上の素材からできていて、直接歯に貼りつけて使用します。漂白作用の高い過酸化水素が10%程度含まれているので直接歯に作用してホワイトニングしてくれます。

他のホームホワイトニングと比較しても簡単に使えて即効性もあるため、アメリカでは歯の美白の定番となっているホワイトニングテープです。

その名前を、歯のホワイトニングに興味のある人なら一度は耳にしたことがあるはず。ただし、具体的にはどのようなものなのか、どのようにして使うのか、わからないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、そんなホワイトニングテープの基本情報についてまとめました。

 

 

ホワイトニングテープはどこで購入ができるの?!

日本では販売許可がおりていないホワイトニングテープ。

一体、どこで手に入れることができるのでしょうか?

日本国内には販売店がないため、購入する方法はインターネット通販がメインとなります。大手通販サイトのamazonでは、並行輸入された商品を購入することができます。

ただし並行輸入品のため、通常海外で購入するよりは多少お値段は高くなっていることもあります。並行輸入品でも正規品を選んで購入することをおすすめします。

また、海外のドラッグストアやバラエティショップでは簡単に購入することができるので、海外旅行に行った際まとめて購入したり、知人が海外に行く際には買ってきてもらうのもいいですね。

販売価格は、20日分で6000円前後となっています。他のセルフホワイトニング商品よりはお高いですが、美容診療で行う歯のホワイトニングの相場と比較するとお手頃な価格だといえるでしょう。日本では、amazon(アマゾン)などのネット通販では並行輸入品も売られています!

 

 

購入は自己責任で

通常のホワイトニングと同様に無カタラーゼ症や、アレルギー、妊婦、授乳中の方は、身体的に施術の影響が心配されるので取扱いを控えましょう。

また、ホワイトニングテープは、日本では無認可の過酸化水素が使われているため前にご紹介したトラブルが万が一起こった場合でも、保証がききません。

また、トラブルを修正するべく美容診療に駆け込んだ場合も保険適用外のため金銭的な負担も大きくなってきます。このようなことをしっかり踏まえた上で、ホワイトニングテープを利用してください。

ホワイトニングテープは効果があるのか?!

ホワイトニングテープはどのくらいの効果があるのでしょうか?

ホワイトニングテープに主に含まれている有効成分は、過酸化水素です。

ホワイトニングテープは、薄いフィルム上の素材からできていて、直接歯に貼りつけて使用します。漂白作用の高い過酸化水素が10%程度含まれているので直接歯に作用してホワイトニングしてくれます。

実際にホワイトニングテープを使ってみて効果があるか、を使用してみました!

 

1回目

 

(初日〜)

全体に歯の黄ばみがあり、まだ変化なし。即効性は無いようです。

初めてのホワイトニングテープと言う事もあり、上手に貼る事が出来ませんでした。

2回目

 

連続でホワイトニングテープを使用してみました!

初日より白くなりましたが、過酸化水素がやはり強く我慢出来るぐらいの歯のしみでしたが歯が溶けてるようなイメージです。。。

 

3回目

 

 

前回の反省を生かし1週間後に再度チャレンジ!

前歯の方が少しづつですが確かに白くなってきました。

3回目になるとホワイトニングテープを貼るのも上手くなり、全体的にフィット出来るようになりました。

 

4回目

 

 

 

 

4回目から効果がで歯の白さが出てきました!確かに初日より歯が白くなりました!

正直ここまで効果が出るものとは、、、

連続で使うのは危険なので、間隔を空けて利用する事をオススメします!

歯のダメージを考えると3週間に1回が個人的にはベストです!

 

ホワイトニングテープの使い方とポイントを紹介!

ホワイトニングテープは簡単に使えるということはわかりましたが、実際にはどのように使うのでしょうか?

実際にホワイトニングテープを使ってみてのポイントをまとめました。

しっかり正しい使い方をマスターすれば美しい白い歯がよみがえります。

ホワイトニングテープをうまく活用するためには何度か練習を重ね、自分のスキルをあげていく必要があります。

漂白剤がついたテープを歯に貼る

まず、漂白剤成分である過酸化水素が付着したテープを歯の表面に貼っていきましょう。
この工程が、きれいにホワイトニングするために一番重要なポイントとなります。

歯にホワイトニングテープを貼る前は、歯磨きはせず、軽く口をゆすぐ程度にしましょう。テープを貼ってからの放置時間は30分程度です。この時にしっかり歯の表面についている色素を溶かしてくれるので、正確な時間をはかりましょう。貼りつけている間は、なるべく口を動かすことは避けましょう。
歯並びが悪い人は、テープをうまくはれず美白部分にムラができてしまうので注意が必要です。

 

テープをはがして歯磨きをする

30分程度テープをはったら、丁寧にはがしていきます。はがしたあとは、しっかりと歯磨きをしましょう。30分以上貼ると効果がさらに高まるのでは?と思われがちですが、ここは注意が必要です。
それ以上時間が経過してしまうと、有効成分の過酸化水素が歯に浸透しすぎて、激痛を伴うことになります。日頃から知覚過敏に悩まされているひとなどは、ホワイトニングテープ使用時の痛みが出やすいため、ホワイトニングテープの使用を中止するか、事前に鎮痛剤を飲んでおくことをおすすめします。

 

 

 使用後は色の濃い食事に気をつける

ホワイトニングテープを使用した後は、表面の薄い膜がはがれた状態になります。

この膜は、半日から1日程度で再石灰化しますが、その期間は歯に色がつきやすい状態となっています。歯に色素が沈着しやすくなっているため、特に食事に注意する必要があります。色の濃い緑黄色野菜や、カレー、コーヒー、ワインなどは食べないようにしましょう。

また、外部の刺激を受けやすい状態になっているので、酸性の食べものなど刺激の強いものは避けた方がいいです。歯磨き粉もなるべく刺激の少ないコーティング作用のあるものをおすすめします。歯の色素沈着は日ごろの食べ物と密接に関係しているのです。

 

 

 虫歯や欠けた歯には使えない

実はホワイトニングテープを使用する際に、やってはいけないことがあります。まず虫歯や治療中の歯に使用すると痛みが強くでるので避けましょう。
また、神経の通っていない歯や、被せ物、詰め物のある歯は効果が出ないのでそこは理解しておきましょう。

 

ホワイトニングテープの副作用・デメリットとは?

ホワイトニングテープは即効性があり効果を実感しやすいですが、日本では認可されていない成分を含んでいるということもあり使用する場合は、副作用やデメリットを理解しておかなければいけません。

ここでは、ホワイトニングテープの副作用とデメリットについてご紹介していきます。

日本人が使うと知覚過敏が起きやすい

日本人の歯は欧米人とくらべて知覚過敏が起こりやすいという特徴があります。

その理由として日本人と欧米人で歯の性質の違いがあることがあげられます。日本人の歯は厚みが薄く神経の太さが欧米人に比べて太い特徴を持つ一方で、欧米人の歯が日本人の歯と比較すると丸い形をしていて厚みがある特徴を持ちます。

私も実際にホワイトニングテープを使ってみて、連続で利用した時に歯のしみを感じました。

知覚過敏は通常24時間前後で和らぎますが、痛みが長期にわたる場合は歯医者さんに相談してみてください。

 

 歯がまだらに白くなる場合がある

ホワイトニングテープを貼る際に、どうしても歯とテープの間に空気がはいってしまったり、唾液があることできれいに貼れないということが起こってしまいます。この場合、ホワイトニング部分がムラになってしまい、まだらに白くなることがありました。
また、まだらに染まってしまったらその後他の歯と均一な白さにすることは難しくなってしまいます。こういったデメリットをしっかり把握した上で、ホワイトニングテープはしっかりと歯にフィットさせる事をおすすめします。

 

まとめ

日本のホワイトニング歯磨き粉を何種類か試してみたのですが即効性がなく、やはりアメリカのホワイトニングテープは漂白作用の高い過酸化水素が高いので速攻性はないものの、2~3回で効果が現れてきました!

使い方だけしっかり理解して連続での使用をさければホワイトニングの効果が高い事が分かりました!

ホワイトニングテープは、日本では無認可の過酸化水素が使われているため前にご紹介したトラブルが万が一起こった場合でも、保証が効かない為、安心してホワイトニングを行うにはオフィスホワイトニングをオススメします!

【オフィスホワイトニング】と【ホームホワイトニング】のメリットとデメリットをまとめて紹介!!